マザーズボディオイル 100m

産前・産後のボディケアオイル。

WELEDA(ヴェレダ) マザーズ ボディオイル 100ml 【妊娠線予防オイル・マタニティオイル】は、妊娠中、軽くマッサージをして妊娠線予防にもよいと評判の妊娠中のケアや産後のボディケアオイルです。

 

妊娠中に、乾燥によるつっぱり感などにも不快感を和らげてくれます。

 

マザーズボディオイル に含まれている成分はアーモンド油、ホホバ種子油、コムギ胚芽油、香料、アルニカ花エキス です。

 

高品質のアーモンド油、ビタミンEを含むコムギ胚芽油そして、アルニカ花エキスなどが肌にハリや弾力を与えてくれます。

 

香料のエッセンシャルオイルも香りがよいですし、妊娠したお友達へのプレゼントにもおススメの商品かと思います。

 

お腹まわり、太もも、お尻など、妊娠初期から、産後3ヶ月ぐらいまで、1日に2〜3回マッサージするとよいです。

 

 

関連サイトリンク:WELEDA(ヴェレダ) マザーズ ボディオイル 100ml 【妊娠線予防オイル・マタニティオイル】

 

 

ひとくちメモ

 

ヴェレダはオーガニック自然素材100%として知られ、成分にはハーブの花や葉から抽出されたエキスや香料などが含まれています。

 

香りやいろどりで私たちの生活を癒してくれるハーブはお好きでしょうか…?

 

ハーブの香りは自然のフレグランスといわれるほど注目度が高いですょね。

 

私はラベンダーの香りが好きですが、ラベンダーの種類もいろいろ・・・。

 

イングリッシュラベンダー、ストエカス、デンタータ、オカムラサキ、スィート、ピナータ、グロッソ、マステッド、これらは全部ラベンダーの種類です。

 

ラベンダーの香り・・・いいですょね。肉の臭みを消す時に使っているローリエ、サフラワー(ベニバナ)、ヤグルマソウもハーブの仲間です。

 

スペインのお医者様がヨーロッパに持ち込んだといわれるひまわりもハーブです。

 

太陽に向かって咲いているようなひまわりは太陽の花とも呼ばれていますが実はマリーゴールドも太陽の花と呼ばれていたがその名をひまわりにとられてしまったんですって…。

 

ひまわりの種子はハムスターのためのもの?ではないんです。

 

実はひまわりの種子からは、ひまわり油を抽出してサラダ油や石鹸の材料に、そして花は薬用酒として利用されています。