紫外線対策

潜在シミって?

カーテンも窓も貫通してしまうという強力な紫外線A波は恐怖ですょね。

 

窓やカーテンも貫通してしまうって?いうんだけれど私は紫外線カット98%のカーテンを使っているんだけれどダメなのかな?

 

紫外線A波は、肌の奥深くまで忍んでいつの間にか肌の奥にシミの予備軍を作ってしまうという悪者です。

 

シミ予備軍 つまり、潜在シミです。

 

この潜在シミは今は肌の表面に見えていないけれど放っておくと肌の表面に浮き出てくることになるというシミです。

 

この潜在シミは肌を特殊撮影するとわかりますね。

 

こんな方は要注意⇒日傘を使うから日焼け止めは塗っていない。肌が黒くならないから日焼けのケアをしていない。

 

 

日焼けをしても肌が黒くならないから問題ないんじゃーないの?

 

 

いいえ、実は潜在シミを抱え込んでいるのです。

 

 

潜在シミの数がまた恐怖ですょ、今肌表面に見えている数のなんと10倍もあるといわれています。

 

 

この10倍というのは20代の方が今見えているシミに対しての数で、これが年齢を重ねていくとさらに増加していきます。

 

 

この潜在シミを肌表面に出させないようにするためには、早めに美白ケアをすることが必要です。

 

 

9月ぐらいになると紫外線のピークが過ぎる?そうですが、油断は禁物です。

 

 

9月になっても日常の生活だけで、冬の倍以上の紫外線を浴びてしまうそうです。

 

 

夏の間、普通に生活をしているだけでたくさんの紫外線を浴びてしまう肌の表面は秋になるとかさついたりごわついたり、くすんだりしてきます。

 

紫外線対策、日焼けのケアを徹底しましょう!

 

そして髪や頭皮も紫外線でダメージを受けています。

 

 

汗をかくと髪の分け目がぺちゃんとなったりしませんか・・・?

 

せっかくのヘアスタイルも汗には勝てません。

 

そんな時には髪の分け目を変えてみるのもよいです。

 

いつも同じ分け目に紫外線を浴びるより、髪の分け目を変えることは紫外線のダメージを軽減することにもなりますょね。

 

髪と頭皮のケアも忘れないで・・・。

 

 

関連リンク:紫外線に負けない肌対策