酵素とヒートショックプロティンの関係

酵素とヒートショックプロティンの働き

酵素入りの洗剤、生酵素、酵素ダイエット、酵素のサプリ、酵素入りのスムージーなど酵素が注目されていますね。

 

酵素スムージー

 

酵素ってどんなものなのでしょうか?

 

 

納豆、しょうゆ、味噌、ぬか漬け、魚の干物などをおいしくしてくれるのも酵素の働きがあるからです。

 

 

消化の役割を果たすためのタンパク質分解酵素、脂質分解酵素は身体の中にもともとあるもので、酵素は動物や植物にも存在します。

 

身体のあらゆるところで人間の命を支えてくれているようです。

 

 

 

実際の年齢よりも見た目が若々しく見える方は、酵素活性が高いということがわかっているようです。

 

肌にも多くの酵素がいろんな働きをしているのですね。

 

いつまでも若々しい肌でいられるようになるためには酵素は大切なものでしょう。

 

 

 

それぞれの酵素が1つの働き(1酵素 1働き)しかできず応用がききませんが、酵素の種類は無限といわれるほどとても多いのです。

 

 

美肌にかかわりのある酵素には次のような酵素があります。

 

トランスグルタミナーゼ、ヒスチダーゼ、カスパーゼ-14、カリクライン-5、カタラーゼ、NADHデヒドロゲナーゼ、などが代表的な酵素です。

 

紫外線から肌を守ってくれる酵素はヒスチダーゼです。

 

 

どんな酵素も働くためには水が必要不可欠なんだそうです。

 

水って大事なんですねー普段何気なく飲んでいる水の存在に感謝が足りないなぁと感じている私です。

 

(水+油分の環境)と(水だけの環境)とで酵素の働きを比べると水だけの環境の方が酵素が活発に働くそうです。

 


つまり、お肌の酵素を活性させるには油分を含まないスキンケアでじゅうぶんに保湿をするのがおススメということですね。

 

 

 

肌の酵素は紫外線、温度変化などによってダメージを受けやすいということがあり、傷つきダメージを受けてしまった酵素は働くことができなくなります。

 

このダメージを受けた酵素を修復してくれるのがHSP(ヒートショックプロテイン)だそうです。

 

つまり、(HSP)ヒートショックプロティンは、免疫細胞の働きを強化したり、細胞を修復したり、乳酸などの発生を遅らせるという働きがある、たんぱく質なのだそうですよ。

 

 

ダメージを受けた酵素を修復してくれるのがHSP(ヒートショックプロテイン)ですからヒートショックプロテインを増やした方が良いということになりますね。

 

 

 

ヒートショックプロティン(HSP)を増やすには入浴による方法に注目が集まっているようです。

 

 

酵素も(HSP)ヒートショックプロティンも大事なものなのですね。

 

 

 

酵素は酵素スムージーなどから手軽にとることがおススメかなと思います。

 

 

関連リンク:酵素チャージ