紫外線に負けない肌対策

紫外線を肌表面で守る

 

 

肌表面を日焼け止めで紫外線をカットしましょう。

 

 

でもね、日焼け対策をしていると思っていたのに気づいたら日焼けしてしまったなんてことがありませんか?

 

 

出かける前に日焼け止めを塗っただけで、つい塗り忘れてしまい、子どもたちと一緒に近所の公園で遊んでいたらすっかり日焼けしてしまったことがありましたが。

 

 

美白美容液、日焼け止め、下地、ファンデーション、コンシーラー、パウダーなど、美白スキンケアを使ったとしても紫外線対策は欠かせないものですね。

 

 

 

 

紫外線カット効果を示す数値であるSPFはUV−B波、PAはUV−A波を防ぐ指標ですが、日常生活なら SPF30/ PA+++、そして海や山など屋外ならSPF50/ PA++++紫外線から肌をしっかり守りましょう。

 

 

紫外線対策の方法はそれぞれの方のライフスタイルに合わせて、肌表面から、外側から、内側からの3つの方法で肌を紫外線から守るとよいですが、「肌表面から、外側から、内側から」を併用するとさらに確実なものになるでしょう。

 

 

紫外線を肌の外側から守る

 

肌が日光に当たらないようにすれば紫外線を避けられるのはわかりますが、普通の生活をする上で外に全く出かけないということは不可能ですょねー。

 

だから、紫外線をできるだけ避けられるように、対策が必要になってきます。

 

紫外線をカットするために、出かけるときには手袋や日傘を用意して、紫外線の量が多いという午前10時から午後2時位は外出を控えた方がよいですょね。

 

日がさを選ぶときに日がさの色も注意しましょう。

 

白い色は紫外線を通しやすいので黒や紺などの色がよいようです。

 

紫外線はUV−A波と、UV−B波がありますね、

 

窓ガラスで遮断できるのはUV−B波で、UV−A波は窓ガラスでは遮断できずに通り抜けてしまいますので室内でも注意が必要でしょう。

 

 

 

 

紫外線を肌の内側から守る

 

身体の中には酵素がたくさんありいろんな働きをしているそうです。

 

 

酵素の活性が高い方は肌機能が正常に保たれているため、紫外線のダメージをうけにくいそうですょ。肌には紫外線のダメージから肌を守る仕組みがあり、そのひとつがヒスチダーゼという酵素なのだそうです。

 

 

天然の日焼け止めの働きをするウロカニン酸という物質をつくる酵素がヒスチダーゼです。メラニンの量が多く、肌の明るさが少ないのは酵素の活性が低いのだとか。酵素の働きを高めて身体の内側からも、紫外線から肌を守りたいですね。

 

 

関連リンク:紫外線対策