AGEを減らす工夫

AGEが原因

 

しわ、しみ、にきびなどを気にする方は女性の方ばかりではないでしょう。

 

男性もしわやしみ、にきびは気になるでしょう。

 

「いつまでも若々しくありたい!」誰でもそう思っているのではと思います。

 

それは若々しくありたいのは、私も含めて当然のことでしょう。

 

しみやしわ、にきびなど肌の老化現象の原因は何なのでしょうか?

 

AGEが原因なのだそうです。

 

AGEという言葉を耳にすることはあるかと思いますが。

 

再確認のためにAGEについて書いておこうと思います。

 

AGEは、終末糖化産物と言われ、たんぱく質と糖が加熱されてできた物質のことなのだそうです。

 

肌の老化現象を引き起こすというAGEは強い毒性を持ち、老化を進める原因物質とされているのだそうです。

 

 

身体の中のたんぱく質の70%はコラーゲンと言われていますね。

 

3本の線維が伸びたり縮んだりして弾力を保っているコラーゲンにAGEがくっついてしまうと弾力が失われてしまいます。

 

コラーゲンが破壊されて、肌の老化現象が起こります。

 

弾力が失われてしまうとしわができ、AGEがたまると茶色のしみとなるのだそうです。

 

また、糖質の取りすぎによってにきびなどもできやすくなります。

 

AGEは老化の元凶ともいわれていますのでAGEをため込まないように気をつけましょう。

 

 

AGEをため込む原因は?

 

注意しなければならないのは、高血糖、たばこ、AGEを多く含む食べ物、紫外線などだといわれています。

 

 

身体も肌も健康がいちばんですね。
食生活はとっても大事ですが日々の忙しさにおろそかになってしまうこともあるでしょう。

 

 

血糖値は糖質の過剰摂取により起こりますので気をつけましょう。

 

 

AGEを多く含むで食品で注目したいのは調理法です。

 

 

AGEを多く含む食べ物は調理法によってAGEの量が変わるのだそうです。

 

食べ物の分量が同じでも調理法によって生で食べる、ゆでる、焼く、揚げるの順でAGEが増えていきます。

 

また、酢やレモンを調味料の代わりに使うとAGEは減るのだそうです。

 

酢は血糖値を抑えてくれるしAGEの量も下げてくれるのです。

 

酢は優秀な食材のようですね。
酢をお好きでしょうか?ぜひ酢を使うことをお勧めします。

 

 

次は、お菓子の好きなお姫様を記しています。

 

これもAGEについてですがぜひ読んでください。

 

 

お菓子の好きなお姫様

 

 

肌の弾力が失われて、黄色くくすんでしまうといわれる糖化も皮膚の老化の原因とされています。

 

こんな物語を聞いたことはありませんか・・・?

 

私も最近聞きました。笑いました。

 

あるところにお菓子の大好きなお姫様いました。

 

そのお姫様はお菓子や炭水化物を食べ放題で食べてばかりいました。

 

いくら食べても痩せた体型なのと運動嫌いなお姫様は、お付きの言うことを聞かず甘いお菓子を食べ過ぎていました。

 

ある日鏡をみると顔が黄色にくすんでしまったことに気づきました。

 

鏡ょ鏡・・・家宝の魔法の鏡に相談しました。

 

魔法の鏡はこたえました。「それは、お菓子の食べ過ぎが原因です。」

 

お姫様はお菓子が食べられないのかと悲しみました。

 

そののち、お姫様は肌の糖化を防ぐために、お菓子を適度に食べるようになり嫌いな運動もするようになりました。

 

めでたしめでたし、おしまい・・・。

 

お菓子やご飯を食べると体内に入った糖がたんぱく質と結び付き老化の原因となるAGEという物質に変わります。

 

このAGEという物質が気になりませんか・・・?

 

私もお菓子やご飯大好きなのでAGEという物質が気になりますょ。

 

この物質は固くて黄色いために糖化になると肌の色が黄ばんで見えたり、弾力が失われたりして、加齢とともに目立つようになります。

 

糖化を防ぐために、お菓子や炭水化物などを摂りすぎないことと、糖の消化のために適度な運動をしましょう。

 

 

糖化、酸化を防ぐ調味料

 

前述で酢は血糖値を抑えてくれるしAGEの量も下げてくれる優秀な食材と記しましたが、スパイス類も糖化、酸化を防いでくれるのだそうです。

 

スパイスが老化防止に効くというのは良いですよね。

 

スーパーに行けばいろんなスパイスが並んでいますし、スパイスをうまく使えば塩分などの取りすぎも予防できると思います。

 

スパイスというと何が思い浮かぶでしょう。

 

クミン、パブリカ、ターメリック、コショウ、サンショウ、チリパウダーなどでしょうか?

 

ローリエ、シナモンもそうでしょう。

 

カレーもスパイスを使うお料理ですが、カレーライスは糖質が多いので血糖値が上がります。

 

ごはんにかけるのではなくソースとして利用するとよいようです。

 

 

 

 

AGEはお肌のしわ、しみなど美容のみならず健康にも影響を及ぼしていますね。

 

身体の中でいろんな疾病を引き起こすリスクとなることでしょう。
AGEを体の中にため込まずにAGEを減らす工夫をした生活を送りたいですね。