コラーゲンは本当に必要な成分なの?

コラーゲンは気になるょね、いったいホントは何なの?

コラーゲンはタンパク質の一種です。

 

肌の真皮組織の約70%がコラーゲンで占められているそうですょ。

 

人間の身体は約20%がたんぱく質で構成されていて、その中のコラーゲンは組織や細胞同士をつなぐ役割があります。

 

コラーゲンは肌の生まれ変わりを促したり、代謝を促したりと、細胞に働きかける役目をしています。

 

真皮組織にあるコラーゲンが減ると肌は弾力を失いハリやうるおいがなくなるので肌のハリやうるおいはコラーゲン次第ということになります。

 

コラーゲンの量のピークは20歳ということですが、ご存知でしたか?

 

20歳を過ぎると徐々に減っていくんですょね。

 

コラーゲンを含んだ食品を摂っても、すぐに効果が表れることはないそうですが、きちんと体内で作用はするということです。

 

 

以前には、コラーゲンを摂っても、体内で消化されてしまうといわれていたのですが、最近の研究によるとコラーゲンは体内に入ると形を変えてコラーゲンペプチドとなり、体中をまわり細胞の働きを促す指令を出すということがわかっています。

 

コラーゲンが細胞に指令を出したり、細胞同士をつないだりする役目を十分に果たせるようにするためには、コラーゲンの生成に深くかかわるというビタミンCを積極的に摂ることが大事といわれています。

 

 

また、紫外線、ストレス、活性酸素などは、コラーゲンの生成が妨げられるそうです。

 

 

コラーゲンというと、フカヒレや手羽先が思う浮かびませんか?

 

そう、コラーゲンは肉、魚の骨や皮に多く含まれていますが、脂肪分、カロリーなどを考えると毎日食事でとるのは大変です。

 

効率よくコラーゲンを摂るにはサプリメントがよいですね、そして出来れば夜寝る前に摂ることが効果的だといわれています。

 

 

夜10時〜午前2時は肌のゴールデンタイムなので夜寝る前にコラーゲンを摂ることは肌の生まれ変わりを促す指令が出やすいということなのだそうですょ。